ブログ

ブログで稼ぐなら絶対入れるべき無料アクセス解析ツール3選と設定方法を画像付で解説!

ブログ

 

悩んでいる人
悩んでいる人

ブログのアクセス解析って何?
設定の方法を1から分かりやすく教えて欲しい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

①ブログ立ち上げ後に入れるべきアクセス解析ツール3選
②アクセス解析ツールのインストールする全手順

この記事の筆者 

はじめ
はじめ

初めまして、はじめです。
ブログ完全初心者から半年で収益化に成功しました。
自身の経験を元に、具体的で分かりやすいブログ収益化ノウハウを発信しています。

アクセス解析ツールとはブログのアクセス状況を分析するためのツールです。
日ごと、月ごとのアクセス数やどんなキーワードで検索されてブログにたどり着いたのかを教えてくれます。

アクセス解析ツールはブログを成長させる上で必須になるツールです。

結論、ブログ立ち上げ後に必ず入れるべきアクセス解析ツールはこちらです。

・グーグルアナリティクス
・グーグルサーチコンソール
・マイクロソフトクラリティ

今回はそれぞれのアクセス解析ツールの説明と、ダウンロードするための全手順について分かりやすく徹底解説していきます!

  1. ブログのアクセスを無料で解析出来る3つのツール
    1. グーグルアナリティクス
    2. グーグルサーチコンソール
    3. マイクロソフトクラリティ
  2. グーグルアナリティクスの設定方法全手順
    1. グーグルアナリティクス画面にアクセス
    2. さっそく始めるボタンをクリック
    3. アカウントの設定
    4. プロパティの設定
    5. ビジネスの概要を入力
    6. 利用規約に同意
    7. データの形式を選択
    8. ウェブサイト情報を入力
    9. 計測IDをコピー
    10. cocoonの設定方法1 cocoon設定を開く
    11. cocoonの設定方法2 アクセス解析設定タブを選択
    12. cocoonの設定方法3 計測IDの貼り付け
    13. アフィンガーの設定方法1 アフィンガー管理画面へアクセス
    14. アフィンガーの設定方法2 アクセス解析管理画面へアクセス
    15. アフィンガーの設定方法3 計測IDの貼り付け
    16. 設定完了
    17. 計測されているかテスト
  3. グーグルサーチコンソールの設定方法全手順
    1. グーグルサーチコンソール画面にアクセス
    2. 今すぐ開始ボタンをクリック
    3. サイトURLを入力
    4. サイト所有権の確認
    5. 設定完了
    6. 設定画面へ移動
    7. アナリティクスとの連携
    8. 関連付けボタンをクリック
    9. アカウントを選択
    10. データストリームの選択
    11. 関連付けの確認
    12. 連携完了
  4. マイクロソフトクラリティの設定方法
    1. マイクロソフトクラリティの画面にアクセス
    2. Get startedボタンをクリック
    3. サインインをする
    4. New projectボタンをクリック
    5. ブログ情報の入力
    6. インストール方法を選択
    7. トラッキングコードのコピー
    8. cocoonの設定方法1 cocoon設定を開く
    9. cocoonの設定方法2 アクセス解析設定タブを選択
    10. cocoonの設定方法3 アクセスコードを入力
    11. アフィンガーの設定方法1 アフィンガー管理画面へアクセス
    12. アフィンガーの設定方法2 アクセス解析管理画面へアクセス
    13. アクセスコードを入力
    14. マイクロソフトクラリティの設定完了
  5. まとめ

ブログのアクセスを無料で解析出来る3つのツール

ブログの成果を最大化させるためには、アクセスを解析してPDCAサイクルを回していかなければなりません。

現在ブログのアクセスを解析出来る無料のツールはこちらの3つです。
・グーグルアナリティクス
・グーグルサーチコンソール
・マイクロソフトクラリティ

3つ目のマイクロソフトクラリティはその他のブログではあまり紹介されていませんが、超有料級の使えるツールです。これら3つのツールのご紹介をします。

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクスではブログに訪れた人が、ブログの中でどのような行動をしているのかを把握する事が出来きるツールです。

グーグルアナリティクスで分析できる指標の一例はこちらです。

分析できる指標

・PV数
・サイトへの流入経路
・サイト内の回遊経路
・サイトの滞在時間
・過去30分間のアクセス数

グーグルアナリティクスを使う事で
・どの記事にどれくらいのアクセスがどこから来ているのか
・ブログに訪れた人がどのページにどのくらいの時間滞在したのか
などを正確に把握する事が出来ます。

このようにブログ内の行動を把握する事で、改善が必要な記事を把握したり具体的に改善をしないといけないポイントをとらえたりする事が出来ます。

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソールではブログにどの検索キーワードから流入しているのか、検索キーワードの順位は何位かを把握する事が出来るツールです。

グーグルサーチコンソールで解析出来る指標の一例はこちらです。

分析できる指標

・ブログ記事のキーワードごとの検索順位
・ブログ記事のキーワードごとのクリック回数
・ブログ記事のクリック率

グーグルサーチコンソールを使う事で
・ブログ記事がどのキーワードで検索をされて流入しているのか
・どのキーワードで検索順位が何位に位なっているか
を把握する事が出来ます。

このように、キーワード事に検索順位やアクセス数を知る事でブログ記事が狙ったキーワードで上位表示されているかを理解して、どの記事のどのキーワードの対策を行わないといけないかを把握する事が出来ます。

マイクロソフトクラリティ

マイクロソフトクラリティはブログ記事に訪れた人が、その記事のどの部分まで見たのか、どの部分をクリックしたのかといった情報を把握する事が出来るツールです。

一般的にヒートマップツールと呼ばれているものです。

マイクロソフトクラリティで解析出来る指標の一例はこちらです。

分析できる指標

・ブログ記事の読了率
・ブログ記事内のクリック箇所
・記事内での行動レコード

マイクロソフトクラリティを使う事で
・記事のどの部分でよく離脱されているのか
・ユーザーが記事を読む時にどのような行動を取っているのか
を把握する事が出来るので、記事内のどの部分を修正するべきかをより細かく把握する事が出来ます。

ユーザーが記事に訪れた時にどのようにスクロールをしてどの部分をクリックしているかをリアルにレコードしている動画を1アクセスずつ把握も出来る優れものです。
その他の記事ではあまり紹介されていませんが、超有料級の解析ツールです。

続いてはそれぞれのツールの設定方法を1から分かりやすくご紹介していきます!

グーグルアナリティクスの設定方法全手順

まずはグーグルアナリティクスの設定方法全手順を画像を使って分かりやすくご紹介していきます。

また、グーグルアナリティクスはグーグルサーチコンソールの前に必ず設定をしてください。
その後の設定の手間が大きく省く事が出来ます。

それでは、1から設定方法を詳しく解説していきます。

グーグルアナリティクス画面にアクセス

まずはこちらのグーグルアナリティクススタートサイトにアクセスします。

このサイトに移る前にブラウザでグーグルアカウントにログインしておくか、サイトに移行後にログイン作業を行いましょう。

さっそく始めるボタンをクリック

スタートサイトの「さっそく始める」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定1

アカウントの設定

次の画面で「アカウント名」を入力し4つのボタンをクリックしてチェックを入れます。
入力が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定3

プロパティの設定

次の画面で「プロパティ名」を入力し「レポートのタイムゾーン」を日本に、「通貨」を日本円に設定します。
この時「詳細オプション表示」から「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」の作成は行う必要はありません。
ユニバーサルアナリティクスは旧モデルの計測タイプで2023年7月の運用が終了するからです。

アナリティクス設定4

ビジネスの概要を入力

次の画面で「ビジネスの規模」を1〜10名、「Googleアナリティクスの利用目的」を一番上の四角にチェックを入れます。
チェックを入れたらしたの「作成」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定5

利用規約に同意

作成ボタンを押すと利用規約同意画面が出てくるので下の赤枠2箇所にチェックを入れ、
「同意する」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定6

データの形式を選択

次の画面で「ウェブ」をクリックします。

アナリティクス設定7

ウェブサイト情報を入力

次の画面で「ウェブサイトのURL」と「ストリーム名」を入力し、「ストリームを作成」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定8

計測IDをコピー

次の画面でウェブストリームの詳細という画面に移るので、右上の「計測ID」をコピーします。

アナリティクス設定9

続いてはブログに計測IDを埋め込んでいく作業です。
この記事ではcocooonとアフィンガーの設定方法をご紹介していきます。

cocoonの設定方法1 cocoon設定を開く

まずはワードプレス管理画面から「cocoon設定」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定10

cocoonの設定方法2 アクセス解析設定タブを選択

続いてcocoon設定の中の「アクセス解析・認証」タブをクリックします。

アナリティクス設定12

cocoonの設定方法3 計測IDの貼り付け

Google Analytics設定の「GA4測定ID」に先ほどコピーした計測IDを貼り付けます。

アナリティクス設定13

画面一番したの「変更を保存」ボタンをクリックすればcocoonの設定は完了です♪

アフィンガーの設定方法1 アフィンガー管理画面へアクセス

ワードプレス管理画面から「AFFINGER管理」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定14

アフィンガーの設定方法2 アクセス解析管理画面へアクセス

アフィンガー管理画面の「Google・広告/AMP」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定15

アフィンガーの設定方法3 計測IDの貼り付け

次の画面の「アナリティクスコード」の入力欄に先ほどコピーした計測IDを入力します。

アナリティクス設定17

一番下の「save」ボタンをクリックすればアフィンガーでのアナリティクスの設定は完了です♪

設定完了

先ほどの手順にそって計測タグを設置すればグーグルアナリティクスの設定は完了です!
計測タグを入力した後は左上にあるホームボタンをクリックします。

アナリティクス設定19

計測されているかテスト

続いてはちゃんとアナリティクスによってサイトが計測されているかをテストします。
自分でブログのURLを入力してアクセスをし、5分ほど待って画面を見て下さい。
正常に設定されていれば下の画像のように「過去30分間のユーザー」の欄にアクセスが計測されいます。

アナリティクス設定20

 

グーグルサーチコンソールの設定方法全手順

続いてはグーグルサーチコンソールの設定方法を1から分かりやすく解説していきます。

繰り返しになりますが、グーグルアナリティクスの設定が既に完了している前提の設定手順です。
「グーグルアナリティクス→グーグルサーチコンソール」の順番で設定してください。

グーグルサーチコンソール画面にアクセス

まずはこちらのグーグルサーチコンソールスタートサイトにアクセスします。

今すぐ開始ボタンをクリック

スタート画面の「今すぐ開始」ボタンをクリックします。

サーチコンソール1

サイトURLを入力

次の画面で「ドメイン」と「URLプレフィックス」の選択画面が出てくるので、「URLプレフィックス」の欄にサイトのURLを入力し、「続行」ボタンをクリックします。

サーチコンソール2

サイト所有権の確認

次の画面では「所有権を自動設定しました」という画面が出てくるので「完了」ボタンをクリックします。
これは先ほどグーグルアナリティクスの設定を行ったので、所有権を自動で認識してくれたのです。
そのため「事前のアナリティクス設定」「アナリティクス設定時ど同じアドレスでのログイン」を行う必要があるので注意して下さい。

サーチコンソール3

設定完了

完了ボタンを押すとサーチコンソールの設定は完了します。
サーチコンソールは設定後計測が開始されるまで1〜2日ほどかかります。
設定完了後は計測が反映されるまで1〜2日ほど待ちましょう。

サーチコンソール4

設定画面へ移動

続いてはアナリティクスとサーチコンソールの連携設定を行います。連携をしておく事でその後のアクセス解析がより性格に行う事が出来ます。

まずはサーチコンソールホーム画面の左下にある「設定」ボタンをクリックします。

アナリティクスとの連携

次の画面で「協力者」のボタンをクリックします。

サーチコンソール5

関連付けボタンをクリック

次の画面の「関連づける」ボタンをクリックします。

サーチコンソール6

アカウントを選択

関連づけるアカウントを選択する画面が出てくるので、先ほど設定したブログ名のアカウントを選択して「続行」ボタンを押します。

サーチコンソール7

データストリームの選択

続いてデータストリームの選択という画面になるのでそのまま「続行」ボタンをクリックします。

サーチコンソール8

関連付けの確認

最後に関連付けをするかの確認画面になるので「関連付ける」ボタンをクリックします。

サーチコンソール9

連携完了

これでサーチコンソールとアナリティクスの連携設定は完了です!
完了後は下のような画面となります。

サーチコンソール10

 

マイクロソフトクラリティの設定方法

続いてはマイクロソフトクラリティの設定方法を1から分かりやすく解説していきます!

マイクロソフトクラリティはグーグルサーチコンソールやアナリティクスと設定する順番は前後しても問題ありません。

マイクロソフトクラリティの画面にアクセス

まずはこちらのマイクロソフトクラリティスタート画面へアクセスします。

Get startedボタンをクリック

スタート画面にある「Get started」ボタンをクリックします。

クラリティ1

サインインをする

続いてはマイクロソフト、フェイスブック、グーグルいずれかのアカウントでのログインを求められます。よく使うアカウントでログインをしましょう。

クラリティ2

グーグルの場合は下の画像のようにアカウントを選択する画面が出てきます。

クラリティ3

New projectボタンをクリック

いずれかのアカウントでログインをすると下のような画面に移動するので、左上にある「New project」ボタンをクリックします。

クラリティ4

ブログ情報の入力

続いて「name(ブログの名前)」と「Website(ブログのURL)」を入力し、「Add new project」ボタンをクリックします。

クラリティ5

インストール方法を選択

続いてインストールをする選択肢3つが出てくるので一番右にある「Install manually」を選択します。

クラリティ6

トラッキングコードのコピー

続いて計測するためのトラッキングコードが出てくるので「Copy to clipboard」ボタンを押してコピーします。

クラリティ7

続いてはグーグルアナリティクスと同様に計測タグを設置する方法をcocoonとアフィンガーそれぞれで解説をしていきます!

cocoonの設定方法1 cocoon設定を開く

まずはワードプレス管理画面から「cocoon設定」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定10

cocoonの設定方法2 アクセス解析設定タブを選択

続いてcocoon設定の中の「アクセス解析・認証」タブをクリックします。

アナリティクス設定12

cocoonの設定方法3 アクセスコードを入力

「アクセス解析・認証」タブの一番下にある「その他のアクセス解析・認証コード設定」の欄へスクロールし、「ヘッド用コード」に計測タグを入力します。

入力後「すべての変更を保存」ボタンを押せば設定は完了です!
続いてはアフィンガーの設定方法をご紹介します!

アフィンガーの設定方法1 アフィンガー管理画面へアクセス

ワードプレス管理画面から「AFFINGER管理」ボタンをクリックします。

アナリティクス設定14

アフィンガーの設定方法2 アクセス解析管理画面へアクセス

アフィンガー管理画面の「その他」タブをクリックします。

クラリティ10

アクセスコードを入力

「上級者向け」の項目にある「コードの出力」の空欄にコピーした計測タグを入力します。

クラリティ11

入力後下にある「save」ボタンをクリックすればアフィンガーでの計測設定は完了です!

マイクロソフトクラリティの設定完了

これでマイクロソフトクラリティの設定は完了です!
設定後は下記のような画面となります。

クラリティ13

 

まとめ

以上がブログのアクセス解析ツールの説明と、それぞれのツールのインストール方法でした。
改めて本記事の内容をまとめます。

アクセス解析ツール3つ

・グーグルアナリティクス
・グーグルサーチコンソール
・マイクロソフトクラリティ

アナリティクスで見れるもの

・PV数
・サイトへの流入経路
・サイト内の回遊経路
・サイトの滞在時間
・リアルタイム(過去30分間)のアクセス数

サーチコンソールで見れるもの

・ブログ記事のキーワードごとの検索順位
・ブログ記事のキーワードごとのクリック回数
・ブログ記事のクリック率

クラリティで見れるもの

・ブログ記事の読了率
・ブログ記事内のクリック箇所
・記事内での行動レコード

ブログを立ち上げた後は必ずアクセス解析ツールを導入して、PDCAサイクルを回していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました