ブログ

グーグルアドセンスの審査に落ちた人に知って欲しい合格の極意

ブログ
困っている人
困っている人

グーグルアドセンスになかなか合格できない。
審査に合格するための方法を教えて欲しい。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

①アドセンスに合格するために必ず守るべき事5つ
②アドセンスに合格する基準の記事を作るポイント4つ
③グーグルアドセンスに合格するためにさらに抑えるべき2つのコツ

この記事の筆者 

はじめ
はじめ

初めまして、はじめです。
ブログ完全初心者から半年で収益化に成功しました。
自身の経験を元に、具体的で分かりやすいブログ収益化ノウハウを発信しています。

グーグルアドセンスの合格審査基準は年々高くなっていると言われています。
ただなんとなく記事を書いただけだどなかなか合格出来ないのが現実です。

グーグルアドセンスに合格するには、合格に必要なポイントを押さえて記事を執筆する必要があります。

結論、グーグルアドセンスで記事を執筆するために必要なポイントはこちらです。

①プライバシーポリシーの設定
②お問い合わせフォームの設定
③独自ドメインの設定
④グーグルアドセンスポリシーを守る
⑤アドセンスに合格する基準の記事を作る(ここが一番重要)

そして一番重要であり苦戦するポイントが
⑤アドセンスに合格する基準の記事を作る
です。

合格する記事を作成するために押さえておくべきポイントがこちら。

①体験談を入れる
②写真を入れる
③独自の意見を入れる
④1000文字以上の記事を10記事作成する

私もこれまで4つのブログを立ち上げアドセンスに合格させてきました。

そこで今回はグーグルアドセンスに合格するための方法について私の経験を活かして超具体的に分かりやすく解説していきます!

アドセンスに合格するために必ず守るべき事5つ

まずはグーグルアドセンスに合格するために必ず抑えておくべきポイントを5つ紹介します。

プライバシーポリシーの設定

1つ目はプライバシーポリシーの設置です。

Googleが公式ページででプライバシーポリシーはアドセンスを行う上で「必須コンテンツ」であると明言をしています。
グーグルアドセンスの審査を行う前にまずプライバシーポリシーの設置を行いましょう。

プライバシーポリシーのイメージはこちら。

プライバシーポリシーの設定方法はこちらのサイトで詳しく解説をしています。
ワードプレスを立ち上げた後に必要な基本の初期設定10選全てを分かりやすく開設

コピペして使えるプライバシーポリシーの雛形も用意しているので是非参考にしてみてください。

お問い合わせフォームの設定

お問合せフォームもプライバシーポリシーと同様に設定をしておかなければならないコンテンツの1つです。

お問合せフォームとは読者が筆者に対して問合せメッセージを送るためのフォームです。
お問合せフォームのイメージはこちら。

このように固定ページに読者が質問をするためのフォームを設置します。

お問合せフォームの設定方法もこちらのサイトで詳しく解説をしています。
ワードプレスを立ち上げた後に必要な基本の初期設定10選全てを分かりやすく開設

画像を使って分かりやすく解説しているので是非参考にしてください。

独自ドメインの設定

アドセンスの審査に合格するには独自ドメインを取得しましょう。

アメーバブログやはてなブログなどのブログサービスに無料でついてくるドメインのことをサブドメインと言います。
一方で独自ドメインとは自分で購入したオンリーワンのドメインの事です。

無料ドメインでも審査に合格したという事例はありますが、成功する確率は低く合格にもかなり時間がかかってしまいます。
グーグルはブログにオリジナル性を求めているので独自ドメインでない場合は審査が厳しくなっていると考えられます。

そのためアドセンス審査を通過するには独自ドメインを取得してブログを作成しましょう。

グーグルアドセンスポリシーを守る

グーグルアドセンスの審査に合格するには、グーグルがアドセンスのポリシーでどんな事が禁止しているのかを知る事も必須です。
なぜなら禁止事項をサイトに入れていると審査に通る事が出来ないからです。

例えばアドセンスポリシーでは下記のようなジャンルのサイトでの広告出稿を禁止しています。

・性的なコンテンツ
・衝撃的なコンテンツ
・暴力行為を描写するコンテンツ
・過度に猥せつな言葉や冒とく的な言葉を含むコンテンツ
・爆発物に関するコンテンツ
・スポーツ、護身、戦闘の際に相手を傷付けることを目的とした商品として設計または宣・伝されている、その他の武器の販売を宣伝するコンテンツ
・相手に脅威を与えることを目的としてデザインされたナイフ(偽装ナイフや折りたたみナイフを含む)の販売を宣伝するコンテンツ
・タバコに関するコンテンツ
・危険ドラッグに関するコンテンツ
・アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ
・オンライン ギャンブルに関するコンテンツ
・処方薬に関するコンテンツ
自分のブログのテーマが上記コンテンツに該当しないか確認をしましょう。
例えばタバコやアルコール、ギャンブルに関するテーマはアクセスは取れそうですがアドセンスの審査にはとても通りずらいです。
アドセンスで収益化を目指すにはそうしたグーグルが広告出稿を禁止しているジャンルは避けましょう。

アドセンスに合格する基準の記事を作る(ここが一番重要)

アドセンスに合格する基準の記事を作るというポイントです。

この「合格する基準の記事を作る」という事が、皆さんが最も苦戦しているポイントでアドセンスの審査の合否に大きく関わっています。

先ほどのプライバシーポリシーやお問い合わせフォームの設置は何をどうすれば良いかが明白で簡単に対策は出来ます。
一方でこの記事コンテンツに関しては明確な基準がないため一番みんなが苦戦するポイントになります。

基本的にアドセンスに合格する記事コンテンツは下記のようなコンテンツであれば通りやすいと言われています。
・オリジナリティがある
・コンテンツの数が一定数ある

しかし
・オリジナリティがある
・コンテンツの数が一定数ある
といわれても曖昧で、結局どうすれば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、続いてはその「合格する基準の記事を作る」について、どんな記事をどれだけ書けば良いかについて分かりやすく徹底解説します!

アドセンスに合格する基準の記事を作るポイント4つ

続いてはアドセンス審査で最も難しい「コンテンツを充実させる」というポイントについて解説していきます。

体験談を入れる

1つめは体験談を入れているかという事です。

例えばおすすめの観光スポットを紹介する記事では、実際に観光地に行った時の生の話を入れているかどうかという事です。
逆におすすめの観光スポットを紹介する記事で、その他の記事に買いていあることをそのままつなげて書いたり、ただ観光地の情報を載せるだけでは不十分な内容です。

ブログ記事を書く時はほとんどが何か商品や場所などを紹介する内容になると思います。
まずは実際にその紹介するものに触れたときの体験談を入れるようにしましょう。

写真を入れている

2つ目は写真を入れているかという事です。

例えばおすすめの観光スポットを紹介する記事では、実際に観光地で撮った写真を載せて紹介をしているかという事です。

この写真に関しては全ての記事で挿入することは難しいかもしれません。
しかし、グーグルのデータベースにもない自分で撮った写真があるという事は、オリジナリティのある記事として認識されやすくなります。

何かしらでも自分で撮った写真を載せられないかという事を検討して、出来るだけ挿入するようにしましょう。

独自の意見を入れている

3つ目は独自の意見を入れているかという事です。

例えば観光スポットを紹介する記事では、紹介したスポットに対して
「私は行ってみたけどあまり面白くなかったです。新鮮さを求める人にはおすすめしません」
などのように独自の意見を述べる事が大切です。

このとき、ただ「〜だと思います」という意見を述べるだけでは不十分です。
しっかりと主張とそれに対する理由があればより意見の独自性が強まります。

そのため独自の意見を入れる時はただ「〜だと思います」ではなく「〜だと思います。なぜなら〜だからです。」のようにその根拠をしっかりと記述するようにしましょう。

1000文字以上の記事を10記事作成する

4つ目は1000文字以上の記事を10記事作成するという事です。
先ほど述べた条件の記事を1000文字以上のボリュームにして10記事以上作成しましょう。

しかし、この「1000文字・10記事以上」はあくまで目安です。合格してブログでは1000文字未満の記事がたくさんあるケースや、3000文字の記事が4記事ほどのケースなどもあります。

実際に私も今まで4つのブログでアドセンスに合格しましたがその文字数と記事数は色々なパターンがありました。その時の記事数と文字数の目安はこちらです。
・ブログ1 記事数:12 平均文字数:約1200文字
・ブログ2 記事数:7   平均文字数:約2400文字
・ブログ3 記事数:18 平均文字数:約800文字
・ブログ4 記事数:14 平均文字数:約1500文字

しかし、グーグルが広告を出稿するに値するブログであるかを判断するにはある程度ボリュームと記事数は判断材料に入っていると考えられます。
1つの目安として1000文字の記事が10記事分あるかどうかを、ボリュームがあるかどうかの判断基準にしてみてください。

グーグルアドセンスに合格するための2つのコツ

続いては、アドセンス審査合格のために追加で押さえておくべきコツをご紹介していきます。

実際に合格した事例を見る

1つ目は実際にアドセンスに合格した記事の事例をみるという事です。

なぜなら実際に合格したブログを分析することによって、どんな記事をどれだけ書けば審査に合格するかを理解することが出来るからです。
また、グーグルの審査基準は時期によって変わったりします。最新の審査基準を調べるには直近で合格したブログを観察することが大切です。

アドセンスに合格した記事を調べるにはTwitterを活用します。
検索欄に「アドセンス 合格」と入力して検索をしてみましょう。
すると下記の画面のようにアドセンスに合格した人のTweetが出てきます。

一部の人はブログの名前を隠していますが、多くの人は合格したブログのURLをプロフィール欄などに貼り付けてくれています。

合格した時点でどのれべるの質の記事をどれだけ公開しているのかを見て、現時点でグーグルが合格に求めている基準を推測しましょう。

合格のための記事を作成する

2つ目は合格するための記事を作成するという事です。

例えばあなたが書いているジャンルで、何記事書いてもどうしても審査に合格しないというケースもあるかもしれません。
その場合は一旦今のジャンルで審査を通す事をあきらめて、アドセンスに合格するための記事作りをする事も1つの手段です。

なぜなら一度アドセンスに合格したら、その後別ジャンルの記事をいれても広告は貼り付けることが出来るからです。

独自性のある質の高いコンテンツをある程度書いているのになかなか審査に通らない場合は、一度審査に通すためのブログ作りを検討してみてください。

ただしこれは最終手段です。まずは自分の記事が独自性があるかという事をチェックして5回くらいまでは審査にチャレンジしてみましょう。

まとめ

以上がグーグルアドセンスに合格するための方法の紹介でした。

改めて要点をまとめます。

グーグルアドセンスの合格のために必要な5つの事
①プライバシーポリシーの設定

②お問い合わせフォームの設定
③独自ドメインの設定
④グーグルアドセンスポリシーを守る
⑤アドセンスに合格する基準の記事を作る(ここが一番重要)

 

アドセンスに合格する基準の記事を作るための4つのポイント
①体験談を入れる

②写真を入れる
③独自の意見を入れる
④1000文字以上の記事を10記事作成する

 

さらに押さえておくべき合格のためのコツ2つ
①実際に合格した事例を見る

②合格のための記事を作成する

 

グーグルアドセンスの合格に困った時は一度この記事を読んで改めてチャレンジをしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました