ブログ

ブログリード文の書き方を具体例付きで超分かりやすく徹底解説!

ブログ
困っている人
困っている人

読者を惹きつけるブログのリード文の書き方を知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

①ブログのリード文とは何か
②ブログリード文の書き方5ステップ
③魅力的なリード文の書き方

この記事の筆者 

はじめ
はじめ

初めまして、はじめです。
ブログ完全初心者から半年で収益化に成功しました。
自身の経験を元に、具体的で分かりやすいブログ収益化ノウハウを発信しています。

ブログのリード分は記事の玄関口のようなものです。
魅力的なリード文を書く事で、読者を惹きつける事が出来ます。

結論魅力的なブログリード文のは以下の5ステップを踏めば作成する事が出来ます。

ステップ1 読者の悩みを代弁する
ステップ2 記事の要点を伝える
ステップ3 記事の信憑性を伝える
ステップ4 記事を読む必要性を伝える
ステップ5 記事の結論やポイントを伝える

今回は読者をしっかりと惹きつけてその後の本文に誘導をするためのリード分の書き方について分かりやすく徹底解説していきます!

ブログ記事のリード文とは

まずブログのリード文とは記事のどの部分の事か、ブログのリード文を書くときの注意点をご紹介します。

記事の一番最初にくる文章

ブログのリード文とは記事のタイトルと本文の間にくる文章の事です。

本記事のリード文の箇所はこちら。

タイトルの直後に本文が来ると、読者もいきなり本題が来てびっくりしてしまいます。
リード文は読者がこの記事にどんな事が書いているかをしるためのクションの役割を果たしているのです。

リード文で読者に記事を読んでもらえるかが決まる

リード文がどれだけ魅力的かで、読者がその後の記事を読んでくれるかどうかが決まります。

読者は検索結果の数ある選択肢の中から、タイトルをクリックして記事にたどり着きます。
そのため、リード文で読みたくないと思うわれるとすぐに記事から離脱して別の記事を探しに行ってしまうのです。

読者にすぐに離脱をされてしまうと、Googleからも価値のない記事と認識されて検索順位が下がることにも影響します。

そのため、書き出し文は読者にこの記事を読んでみたいと思われるように魅力的で読みやすい内容にする必要があるのです。

ブログのリード文にはこだわりすぎるな

とはいっても、ブログのリード文にこだわりすぎてはいけません。

リード文はブログ記事のほんの一部でしかないからです。
リード文にこだわって時間をかけすぎると1記事書き終えるのに膨大な時間がかかってしまいます。

ブログのリード文は魅力的で読みやすい内容にする必要がありますが、こだわって時間をかけすぎないようにしましょう。

では、読者を惹きつけるリード文を短時間で作るにはどうすれば良いのでしょうか。
結論、リード文の型を作って当てはめていく事をおすすめします。

それでは、リード分の型はどのように作れば良いのでしょうか。
続いての章では読者を惹きつけるリード文を書くための型を5ステップで分かりやすく解説していきます!

ブログ記事リード文の書き方

魅力的なブログリード文を作るための5ステップはこちらです。

ステップ1 読者の悩みを代弁する
ステップ2 記事の要点を伝える
ステップ3 記事の信憑性を伝える
ステップ4 記事を読む必要性を伝える
ステップ5 記事の結論やポイントを伝える

それぞれのステップを具体例を交えて詳しく解説していきます!

ステップ1 読者の悩みを代弁する

ステップ1は「読者の悩みを代弁する」です。
記事を読む読者がどんな悩みを抱えているかを想像して、その悩みを冒頭に書いてあげます。

この記事のリード文ではこちらに該当します。

本記事のようにわざわざ吹き出しをつける必要はありません。
「『読者を惹きつけるブログのリード文の書き方を知りたい。』こんな事に悩んでいるのではないでしょうか?」
といったように平文で読者の悩みを代弁するという形式でも問題ありません。

読者は本当に自分の悩みを解決してくれるのかと疑心暗鬼になっている状態で記事にたどり着きます。
そのため、まず読者の悩みを代弁する事で、この記事では自分の知りたい事が書いてありそうと思ってもらう事が大切なのです。

ステップ2 記事の要点を伝える

ステップ2は「記事の要点を伝える」です。
記事の要点を伝えて代弁した読者の悩みが解決する事を示してあげます。

この記事のリード文ではこちらに該当します。

記事の要点は本記事のように囲みを使って箇条書きで書いてあげる事をおすすめします。
そのほうが読みやすく、読者もこの記事に何が書いてあるかをパッとみて理解出来るからです。

要点を冒頭に記載する事で読者にこの記事にどんな事が書いてあるかを伝えてあげましょう。

ステップ3 記事の信憑性を伝える

ステップ3は「記事の信憑性を伝える」です。
この記事を書いている人がどんな人なのか、信頼できる情報なのかを伝えてあげます。

この記事のリード文ではこちらに該当します。

ステップ3は人によっては全く書けないという事もあるでしょう。その場合は無理して書く必要はありません。
しかし、考えてみると些細な事でも読者に信頼性を持たせられる事はあったりします。
あまりかしこまって考えすぎずに、皆さんの情報を伝えてあげるようにしましょう。

ネットには信憑性の低い情報が溢れているので読者は常に、本当にその記事の書いてある事が本当か、信頼出来るかという事を気にしています。
出来るだけその疑念をとってもらうために、信頼性を証明する内容を書き出しに書いてあげる事が大切なんのです。

ステップ4 記事を読む必要性を伝える

ステップ4は「記事を読む必要性を伝える」です。
なぜこの記事を読まないといけないのか、その悩みを解決する必要性を伝えてあげます。

この記事のリード文ではこちらに該当します。

これから記事で伝えようとしている事がなぜ大切なのか、なぜ読者が読まないといけないのかを簡潔に伝えてあげましょう。
そうすると読者も必要性を感じてモチベーション高くその後の本文も読んでくれます。

ステップ5 記事の結論やポイントを伝える

ステップ5は「記事の結論やポイントを伝える」です。
記事の重要なポイントや結論を先に要約して伝える事で読者に新しい気づきを与え、この記事を読んでみたいという気持ちをさらに高めてあげます。

この記事のリード文ではこちらに該当します。

その記事の重要なポイントや結論を要約して伝えてあげましょう。
伝えたい事がたくさんある場合はいくつかピックアップしてまとめてあげてもOKです。

このステップ5がリード文に差をつける上でとても重要です。
先に結論やポイントを伝えると、読者はその詳しい解説をもっと知りたいと思うので、その後の本文を読んでくれる可能性も高まります。

まずは思い切ってリード文に結論やポイントを伝えてあげる事を意識してみてください。

魅力的なリード文を作るための4コツ

続いては、さらに魅力的なリード文を作るために抑えておくべき4つのポイントをご紹介していきます。

①要点だけ簡潔に伝える

1つ目は要点だけを簡潔に伝えるという事です。

リード文では箇条書きや短い文章で要点だけを伝えるようにして、スラスラと読み流せる内容にしましょう。
なぜなら冒頭から長い文章が並んでいると読者に読みにくいと思われてしまうからです。
たどり着いた記事に長文が並んでいて読みたくなくなって別の記事に移動したという事は、皆さんもよくあるのはないでしょうか。

リード文はとにかくストレスを与えずに読みやすいという事が大切なポイントになります。

・箇条書きを使う
・ボックスを使う
・文章は2文以内に収める
という事を意識してリード文を作ってみてください。

②実績や結論に数字を加える

2つ目は実績や結論に数字を加えるとい事です。

本記事で言うと
「5つのステップ」
が該当します。

「5ステップ」と書くことにより5回の作業を経てリード文を作れるのだという事をイメージする事が出来ます。
「リード文を作るための5ステップ」と「リード文を作るための方法」だと分かりやすさも全然違ってきますよね。

可能であればその記事を読む事でどれくらい成果が変わるのかを書いてあげると尚良いです。
「リード文を変えるだけでアクセス数が20%アップする」
などと書いてあると、よりその記事の魅力が分かりやすく伝わります。(今回はそんな事実はないので書きませんでした)

このように、読者にとって分かりやすく信頼してもらうリード文を作るために、出来るだけ数字を入れると言う事を意識してみてください。

③結論で新しい気づきを与える

3つ目が結論で新しい気づきを与えると言う事です。

この3つ目のポイントが魅力的なリード文を作る上でとても大切なポイントになります。

本記事では下記のリード文を作るための5ステップを示すことによって読者に新しい気づきを与えています。

リード文を作るためにはこの5ステップを踏めば良いのだと言う新しい気づきを読者は得る事が出来るのです。

この新しい気づきを与えることによって、読者は記事に対してもつ印象が変わりますしその後何が書いてあるんだろうと気になって読んでくれるようになります。

「ステップ5 記事の結論やポイントを伝える」では読者に新しい気づきを与えられないかという事を意識して書いてみてください。

 

まとめ

以上が読者に記事を読んでもらうための魅力的なリード文の作り方でした!

改めて要点をおさらいします。

魅力的なリード文を作るための5つのステップ

ステップ1 読者の悩みを代弁する
ステップ2 記事の要点を伝える
ステップ3 記事の信憑性を伝える
ステップ4 記事を読む必要性を伝える
ステップ5 記事の結論やポイントを伝える
魅力的なリード文を作るための3つのコツ
①要点だけ簡潔に伝える
②実績や結論に数字を加える
③結論で新しい気づきを与える

リード文は型に沿って効率的に書く事をおすすめします!
この型とコツに沿って、短時間で魅力的なリード文をかける事を目指してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました