ブログ

魅力的なブログタイトルを作る手順とコツを具体例付きで解説!

ブログ
悩んでいる人
悩んでいる人

ブログ記事のタイトルの付け方を教えて欲しい

このようなお悩みにお答えします。

本記事の内容

①ブログ記事でタイトルが重要な理由
②アクセスを集めるタイトルの付け方5ステップ
③アクセスを集めるタイトルを作るためのコツ5つ

この記事の筆者 

はじめ
はじめ

初めまして、はじめです。
ブログ完全初心者から半年で収益化に成功しました。
自身の経験を元に、具体的で分かりやすいブログ収益化ノウハウを発信しています。

タイトル決めは記事作成でとても重要なステップです。
どれだけ魅力的なタイトルを付けられるかがクリック率やアクセス数にも関わってきます。

結論、アクセスを集めるブログのタイトルは下記5ステップで作成します。

ステップ1 狙いたいキーワードを決める
ステップ2 検索上位記事の傾向をつかむ
ステップ3 サジェストキーワードをチェック
ステップ4 タイトルに入れるべき要素を並べる
ステップ5 要素を組み合わせてタイトルを作成

今回はブログにアクセスを沢山集めるための魅力的なタイトルの付け方を徹底解説していきます!

ブログ記事でタイトルが重要な理由

まずはブログ記事において魅力的なタイトルをつける事がなぜ大切なのかについて解説します。

結論、タイトルがアクセスを集める上で重要になる理由はこちらの2つです。
①クリック率が上がるから
②検索順位が上がるから

それぞれの理由について分かりやすく解説をしていきます。

タイトルが重要な理由① クリック率が上がるから

タイトルが重要な1つ目の理由はクリック率に大きく影響するからです。
読者は調べたい事をキーワードで打ち込んで検索結果から読みたい記事を探します。

クレジットカードおすすめの検索結果画面

検索結果画面で一番目立つ部分が各記事のタイトルです。
読者はこのタイトルを見て「おっれは読んでみたい」と思った記事をクリックします。

そのため、検索結果画面の中から選んでクリックをしてもえるかはどれだけ魅力的なタイトルを付けらえるかにかかっているのです。

タイトルの付け方が上手ければ検索順位が低くてもクリック率が上がり、結果的にアクセスの増加にも繋がります。

タイトルが重要な理由② 検索順位に大きく影響するから

2つ目の理由はタイトルは検索順位に大きく影響するからです。

読者がキーワードを入力して検索をした時、グーグルはそのキーワードにぴったりの記事をデータベースの中から探し、その時に選ばれた記事が検索結果画面に現れます。

そして、グーグルがデータベースの中からキーワードに関連する記事を探すときに特に重視しているポイントがタイトルです。
読者が調べた検索キーワードがタイトルに入っていると、グーグルは関連性のある記事と判断して選んでくれる可能性が高くなります。
そのため、タイトルにどのようなキーワードを選ぶかは、グーグルの検索順位に大きく影響してきます。

どのキーワードをタイトルに入れるかはブログのアクセス数を上げるうえでもとても大切なポイントです。

タイトルの付け方5ステップ

それではよりクリックをされてアクセスを集められるタイトルをつけるにはどうすれば良いのでしょうか。
続いては魅力的なタイトルを付ける方法を4つのステップで解説をしていきます。

今回は出来るだけイメージがつきやすいように「観葉植物 おすすめ」というキーワードを例に挙げて説明をしていきます。

ステップ1 狙いたいキーワードを決める

まずは狙いたいキーワードを決めます。
これはどの記事を書く上でも鉄則ですが、まずどのキーワードを調べる読者に記事を書くのかを明確にします。

このキーワードをタイトルに入れることは鉄則です。

今回の例では「観葉植物 おすすめ」がそのキーワードです。

ステップ2 検索上位記事の傾向をつかむ

続いて実際に狙いたいキーワードでグーグル検索をして、競合記事のタイトルの傾向をつかみます。
競合記事のタイトルでよく使われている単語や言い回しを把握するだけでもタイトルのイメージはぐっと湧いてくるので重要なステップです。

上位記事のタイトルをピックアップするにはこちらのラッコキーワード見出し抽出がおすすめです。1つ1の記事のタイトルを調べていると時間がかかってしまいます。

実際に使い方をご紹介します。

ラッコキーワード見出し抽出にアクセスし、トップページのキーワード入力画面に調べたいキーワードを入力します。

検索すると下のように競合記事のタイトルや見出しが全て出てきます。

ここででた競合記事のタイトルを全てチェックしましょう。

今回の「観葉植物 おすすめ」の例で言うと「観葉植物〇〇選!」や「初心者にもおすすめ」というキーワードがよく使われている傾向があると分かります。

「〇〇選!」「初心者」「使いやすい」といったキーワードが入っている記事は今のところGoogleからも評価をされているという傾向が掴む事が出来ました。

この時点で
「観葉植物のおすすめ〇〇選!〜初心者でも育てやすい〜」
というようなイメージが湧いてきます。

ステップ3 サジェストキーワードをチェック

続いて狙いたいキーワードのサジェストワードをチェックします。

サジェストキーワードとはキーワードの後についてくるキーワードの事を指します。

「観葉植物 おすすめ」の例で言うと「観葉植物 おすすめ 初心者」「観葉植物 おすすめ 育てやすい」といったキーワードがサジェストワードにあてはまります。

サジェストワードを調べるには実際にグーグルに狙いたいキーワードを打ち込んでみましょう。すると自然にサジェストキーワードが出てきます。

今回の「観葉植物 おすすめ」の例で言うと
「室内」
「小さい」
「観風水」
「心者」
というキーワードがサジェストワードです。
このワードもタイトルに入れる候補としてピックアップしましょう。

ステップ4 タイトルに入れるべき要素を並べる

続いて先ほどピックアップしたタイトルに入れるべき要素を一挙に並べましょう。

今回の「観葉植物 おすすめ」の例で言うと
・観葉植物 おすすめ
・室内
・初心者
・〇〇選!
・ショップ
・育てやすい
・選び方
などが要素の一例です。

タイトルに入れるべきキーワードをまずは一挙に洗い出してみる事が大切です。

ステップ5 要素を組み合わせてタイトルを作成

続いて先ほどのキーワードの中から重要なものをピックアップして並び替え、タイトルを作成します。
ここでピックアプするポイントは3つです。

①キーワードは必ず入れる
1つ目は狙いたいキーワードは必ずその順番で入れるという事です。
今回の事例で言うと「観葉植物 おすすめ」というキーワードをその順番のままで入れるようにします。

②記事に書いていないことは選ばない
2つ目は記事に書いていない事はタイトルに入れないという事です。
例えば今回の「観葉植物 おすすめ」の記事で「室内」や「ショップ」について記事で述べていなければ、タイトルで読者を騙すことになってしまうので除外しましょう。
逆にそのワードについて記事に追記したほうが良い場合は、どんどん追記をしていきましょう。

③競合記事のタイトルの型を真似る
3つ目は競合記事のタイトルの真似をすると言う事です。
要素をピックアップしても、どのように並べたら良いか迷ってしまうこともあると思います。
まずは今評価されている競合記事のタイトルを真似る事がおすすめです。

今回の「観葉植物 おすすめ」の例では競合の
「観葉植物おすすめ20選|初心者向けから大型まで園芸研究家が紹介【種類や選び方も】」
を参考にします。

「観葉植物おすすめ20選」を記事で紹介している観葉植物の数に変えて「観葉植物おすすめ15選」にします。
「初心者向けから大型まで園芸研究家が紹介【種類や選び方も】」は園芸研究家の部分を省いて「育てやすい」を入れ、「初心者でも育てやすい種類や選び方を解説」とします。

出来上がったタイトルはこちら。
「観葉植物おすすめ15選|初心者でも育てやすい種類や選び方を紹介」

このように入れるべきキーワードをピックアプして競合の型を真似ると、1から自分で考えるよりも良いタイトルが作れます!

アクセスを集めるタイトルを作るためのコツ5つ

先ほどは魅力的なタイトルをつけるための基本的な方法をお伝えしました。
しかし、タイトルはキーワードによって色々な付け方があります。
そこで3章では、さらにタイトルに差をつけるためのコツを5つお伝えします。

ベネフィットを伝える

1つ目はベネフィットを伝えると言う事です。
ベネフィットとはこの記事を読んで読者が何を得られるのかという事を言葉にしたものです。

読者は何か知りたいことや願望があってキーワードを検索しています。
その願望が何かを掴み、願望が叶えらる事を一言で伝えてあげると読者に「おっこの記事は読んでみたい」と思ってもらう事が出来ます。

例えば「観葉植物 おすすめ」の場合、読者は「自分に一番マッチする観葉植物を選びたい」という願望を持っています。
そのためこの場合は「あなたにベストな」や「最高の」といったキーワードを入れると良いです。

このベネフィットを入れたタイトルの例がこちら。
「観葉植物おすすめ15選!あなたにベストな種類の選び方をご紹介」

タイトルをつける時には読者の願望を一言で表して入れれないかという事を考えてみましょう、

数字で表現する

2つ目のコツは数字を入れる事です。
数字は読者にこの記事にどんな事が書いてあるかを伝えるためにとても役に立ちます。

例えば「観葉植物 おすすめ」の例で言うと「観葉植物おすすめ15選」はまさにこの数字があるだけで15個の観葉植物を紹介する記事であるという事を伝える事が出来ています。
「おすすめの観葉植物をご紹介」とだけ書いてあるよりも読者に伝えられる情報の量が全然変わってきますよね。

タイトルをつける時には数字で記事の内容を伝える事が出来ないかという事を考えてみましょう。

最新である事を伝える

3つ目は最新である事を伝えるです。

キーワードによっては読者が最新情報を求めている場合も多々あります。
なので冒頭に「2022年最新」であったり「2022年4月最新」といったワードを入れてあげると、読者も最新の情報が書いてあると思いクリックしてもらえる可能性が高まります。

「観葉植物 おすすめ」の例で最新情報を伝えた場合のタイトルはこちらです。
【2022年最新】観葉植物おすすめ15選|初心者にも育てやすい種類や選び方をご紹介

冒頭に最新である事がわかるワードがあるだけでタイトルの印象もかなり変わりますよね。
情報の新鮮さが求められるキーワードでは冒頭に「〜最新』というワードを入れるという事を考えてみましょう。

網羅性・厳選性を伝える

4つ目は網羅性・厳選性を伝えるという事です。

網羅性とはたくさんの情報が盛り込まれているという事です。
知識がなくて困っている読者にとっては、出来るだけたくさんの情報が書かれていると選択肢が広がるので魅力的に感じます。
「観葉植物 おすすめ」の例で言うと出来るだけたくさんのおすすめ観葉植物が紹介されているという事になります。
具体的には「観葉植物おすすめ全120種類をご紹介」といったタイトルだと網羅性を伝える事ができるでしょう。

一方で厳選性とは数ある情報の中から選ばれたものだけが盛り込まれているという事です。
情報がありすぎて困っている読者にとっては、たくさんある情報の中からより選択肢を狭めてくれるので魅力的に感じます。
「観葉植物 おすすめ」の例で言うとたくさんある観葉植物から厳選されたものだけがおすすめとして紹介されているという事になります。
具体的には「【厳選】観葉植物おすすめ5選」といったタイトルだと厳選性を伝える事ができるでしょう。

網羅性と厳選性は真逆の考え方です。キーワードごとにどちらを伝えるべきかを考えてタイトルに盛り込んでいきましょう。

簡単さを表現する

5つ目は簡単さを伝えるという事です。
簡単さとは、記事を読む事で読者の悩みを手間なく解決が出来るという事です。

例えば「たった3ステップで」「初心者でも手軽に」といったワードが簡単さを表します。

解決したい悩みはあるけど手間なく簡単に済ませたいと思っている読者にとっては、簡単さが伝わるタイトルは魅力的に感じてクリックをしたくなります。

「観葉植物 おすすめ」の例で言うと「【一目で分かる】おすすめ観葉植物15選一覧」といったタイトルであれば簡単さを表す事が出来ます。

出来るだけ手間をかけずに解決をしたいと思っている読者が調べそうなキーワードには、タイトルで簡単さを伝えられないか考えてみましょう。

まとめ

以上がブログでアクセスを集めるための魅力的なタイトルの付け方でした。

改めてタイトルの付け方の基本ステップと5つのコツをまとめます。

記事タイトルの作り方

ステップ1 狙いたいキーワードを決める
ステップ2 検索上位記事の傾向をつかむ
ステップ3 サジェストキーワードをチェック
ステップ4 タイトルに入れるべき要素を並べる
ステップ5 要素を組み合わせてタイトルを作成

タイトルを作る5つのコツ

コツ1 ベネフィットを伝える
コツ2 数字で表現する
コツ3 最新である事を伝える
コツ4 網羅性・厳選性を伝える
コツ5 簡単さを表現する

タイトルの付け方に迷った方はこの基本ステップとコツをもとに魅力的なタイトルの作成にチャレンジをしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました